CYRIC 測定器研究部

 

 

 

CYRIC Detector Groupでは、基本相互作用・対称性とその破れのメカニズム、核力における弱い相互作用の働き、原子核の新しい励起モードの探索等について研究を進めています。これらの実験を進めるため、レーザーを用いた不安定原子の冷却・トラップ装置の開発などを行っています。興味ある方はいつでもコンタクトください。

 

 

α凝縮状態の探索

原子核の新しい励起モードであるα凝縮状態の探索を行っています。

核力と弱い相互作用

原子のパリティ非保存効果の探索により、核力における弱い相互作用の働きを調べています。

EDM探索と超対称性

原子電気双極子能率(EDM)探索による基本対称性・相互作用の研究を進めています。

粒子線治療の研究

陽子ビームによる粒子線治療、MPGDを用いたPETの研究を進めています。

News

Copyright(C)2007 Tohoku University, CYRIC, Detector Group, All Rights Reserved.